FC2ブログ

<ニュース>上場企業倒産が戦後最多。採用と倒産について

うららかな気温になり、サクラは満開なのに…ニュースです。
春の陽気な天気はいいですねぇ。

さて、今日は倒産に関するニュースです。
みなさんは、上場企業で何社倒産したかご存知ですか?
というより日本の上場企業は何社あるかご存知ですか?
私も曖昧しか実は分かっておらず・・・・いやはや恥ずかしいです。

4月8日10時27分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000515-san-bus_all

 民間調査会社・東京商工リサーチは7日、平成20年度の都内の倒産件数が前年度比21.6%増の3115件、負債総額が平成に入って2番目に多い8兆8817億円に上ったと発表した。昨年9月の「リーマン・ショック」の影響で、下半期(10~3月)の倒産が目立っている。


しかし、倒産件数だけでも3000件近くあるのにも驚きです。
似たような関連記事をただ追っていくと、
平成20年の人材派遣会社の倒産件数は49件(国データバンク)
という記事も発見してびっくりしました。

同記事の関連ニュースから見ることが出来ますが、
昨年の東証1部・2部および東証マザーズの3市場の上場廃止企業は79社になるそうです。
個人的には思っている以上に多かったです。
意外に黒字倒産が多いこともびっくりでした。

先日、ある企業の社長から「採用を見たら会社の倒産のリスク分かるのでは?」
何て言われました。
経営が怪しい会社は採用を控えたり、何か変化があるのではないか?という理屈です。
少なくとも潰れそうなのに採用をしたりしないでしょ~
なんて言っていましたが皆さんどう思いますか?

ある程度目安にはなるとは思いますが確実ではないと思います。

一つは、個人的な感覚ですが会社規模が大きく大型倒産になるような企業の場合、
会社の社員は「何となくヤバイ」と思っていたりしますが、
本当の危機は経営陣しか知らないのでは?と思います。
実際に、採用はある程度通常通りやっていたけど、
決算前になり、急に厳しい話にとなった企業も知っています。

あとは、採用しても入社後にふるいにかける会社もあります。
そうなると、入社の人数が多いからと言って、良い会社とも限りません。
実際に、不自然に大量採用している会社も山積します。

実際に行って話をお聞きすると見えてくることもありますが、
データだけで判断は難しい…というのが正直な感想です。

余談:
東京商工リサーチが
「危ない会社の見分け方」というDVDを発売しています。
値段は3万5000円。

…個人ではちょっとハードルが高い値段

▼メインサイトでは過去の情報も読むことが出来ます⇒既卒ナビ 

▼いつもありがとうございます。 今回の記事は役に立ちましたか?
  よろしければランキングにご協力お願いします。

◇FC2 ブログランキング ◇ブログ村 就活・就職活動 ◇BlogPeople「就職活動」
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する