FC2ブログ

受かるお礼状、落ちるお礼状の違い

新卒・既卒の就職活動でマナー1:思いを込める。

就職活動の選考において相手に対して丁寧に対応しているはずなのに、なぜか相手に距離を感じさせることになったり、マイナスの印象になったりすることがあります。

以前、私もお礼状で損をしてマイナス評価になった場面に立ち会ったことがありました。
普通、お礼状をもらってもマイナスのものではないですよね。
ここには就職活動をしている側と、採用する側の考え方の違いがあるきがします。

以前と比べると、面接を終わった後にお礼状を書くと効果的という話を耳にするようになりました。一部の本やマニュアルではお礼状の送付を奨励しているものもあります。
確かに、面接後の予期せぬお礼状は、担当者としては嬉しい限り。採用の合否に直接は影響しなかったとしても好印象になるケースが多いです。

一方で、「お礼状を送る」ということがマニュアル化しているケースも増えてきました。
私自身、別の方からほぼ同じ内容の文章をいただいておどろいたことがあります。
先ほど、お礼状でマイナスになったケースも理由を聞くと「お礼状の中に不純なものを感じた」とのこと。
ちょっと、厳しいジャッジだな…と思いつつも納得感もありました
下心まで感じることはないですがマニュアルどおりで「形式的だな」と思うこともあります。

本来、お礼状を送ったりすることの目的は感謝の気持ちを相手に伝えることです。
「選考に受かるため」に送らなければいけないものではありません。

ある企業の社長がこんなことを言っていました。
「手紙っていうのは、『相手の顔を思い出しながら書く』から意味がある。
ハガキや切手にも気を使って『相手が貰って嬉しい手紙』を送らないとただの作業になってしまう」

初めてメールやお礼状を送るときは大変緊張すると思いますし、
失礼がないか気になってしまい伸び伸び書くことは難しいと思います。
けれども、大切なのは感謝の気持ちを伝えること。あまり、形式にこだわり過ぎる必要はありません。
あまり形にはまりすぎず、自分の気持ちや感じたこと相手の顔を思い浮かべながらを一言添えてみてください。

ちょっと一味違うお礼状ができるはずですよ。


▼メインサイトでは過去の情報も読むことが出来ます⇒既卒ナビ 

▼いつもありがとうございます。 今回の記事は役に立ちましたか?
  よろしければランキングにご協力お願いします。

◇FC2 ブログランキング ◇ブログ村 就活・就職活動 ◇BlogPeople「就職活動」
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する