FC2ブログ

既卒新卒の求人票の見方:初任給の落とし穴2

今日は既卒・新卒の就職活動向けテクニック
給与のチェックポイントです


実は同様の記事が東洋経済オンライン4月 9日に掲載されています。
いろいろ理由があり取り上げなかったのですが少し引用します。

『実は、私たちは初任給についてはあまり重視していません。
入社してからの給与の上がり方、すなわち賃金カーブが読める
「25・30・35歳賃金」をチェックするほうがはるかに重要です。』

『初任給が高ければ、その後の賃金も同様に高くなるわけではありません。
そもそも、どの会社も同業他社を意識していますから、
金融、メーカーなど、初任給をほぼ横並びに設定している業界も多く見られます。』

前回、僕が言いたかったこともここに書かれています。

以前、メルマガにも書きましたが、
大手を中心に初任給を横並びにしている業界は結構あります。
知っていて見るとすごく面白くて、
205000円と言った感じで千の位まで数字を一緒にしてる業界も。
この事実だけとっても、初任給というデータが曖昧なものか分かります。
ちなみに面白いのは上昇カーブに関しては業界内でもバラバラで、
平均賃金にはかなり差があることです。
ただ、僕が見るのであればもう一つ踏み込んでチェックします。
データには出来ないので出てきませんが、「給与が上がる可能性、上げる方法」です。

平均という言葉は曖昧で、貰っている人は結構貰っているケースが多いです。
では、どれだけ頑張ればどれぐらいもらえるの給与が上がるのか・・・。
何人ぐらいの人がその理想的な数字をもらえているのか・・・。
そもそも募集している職種で「キャリアアップ(出世?)」の可能性があるのか・・・。
などチェックします。
会社によっては、入社後のキャリアがかなり固定されている企業もありますし、
モデル賃金がMAX賃金に近いケースもあります。

分かりやすいのは平均値でなく、「最高どれだけ?最悪どれだけ?」と
意識してみると失敗が減りますよ。

■付記
こんばんは。オガです。
先日、求人広告では有名なR社の人とお会いしていました。
同じ就職関係の仕事になるので本来は競合ということになるのですが、
仕事抜きで出会えた事もあり、仕事の話を別に盛り上がりました(笑)
夢がある。自分の軸があるっていいですね。気持ちが熱くなります。

いつもブログの最後についている拍手を記事を書く際の目安にしているのですが、
求人票の給与の見方の拍手数のほうが圧倒的ですね・・・・。
というわけで、少し給与について書いてみました。

メールをいただいた方へ
Yさん→メールありがとう。また、特集を組みますね。
Sさん→今後もご愛顧よろしくお願いします。


▼いつもありがとうございます。 今回の記事は役に立ちましたか?
  よろしければランキングにご協力お願いします。

◇FC2 就職 ブログランキング◇    ◇ブログ村 就活・就職活動ランキング◇ 

関連記事

Comment

  • 2009/05/29 (Fri) 20:40
    Y崎 #- - URL

    いつも愛読しています。
    先日は難しい問題を投げつけてすみません。
    立派な?社会人を目指して頑張っています。

    更新をたのしみにしています。
    読めば読むほど自分の為になっていると思います。
    ありがとうございます。

  • 2009/05/31 (Sun) 19:54
    小笠原 由晃 #- - URL

    Yザキさん
    こんばんは。コメントとブログがすれ違ってしまって申し訳ない。
    先日頂いたメールなのですが返信しようとしたところ
    携帯のアドレスが表示されていなかったためメールできていません。
    あらためて、メールを送っていただけたら幸いです。
    ご連絡お待ちしています!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する