FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既卒で就職したその後は…

昨日は、1年半前に既卒の就職で関わった二人と焼き肉を食べに行った。

二人とも元気だった。そして明るい!
いやあ、あれが最初から出来たら苦労しなかったで。ほんま(笑)
ま、それも含めて成長なんだろうけど。

既卒の就職活動でありがちな独特の影みたいなものが無くなっている。
本人は気づいていてたんかな?


話を聞くと、週末に暇が無いほどいろいろなところに出かけているとのこと。
「僕はへこみやすいんですぐ落ちるんですよ~」なんて話している。

もうひとりも家族と生活しながら、趣味を充実させている。
家族と仲良くて~なんて話で盛り上がりあっという間に終電終了。
そのあと、二次会でガンダムについて盛り上がった。


            ◆


「ああ、この子はこんな面白い一面があったんだ!」
「彼はこんな考え方をしているんだ・・・・」
二人について新しい発見をひとつひとつが見つけるたびにワクワクする。

こんな言い方をすると少し不謹慎だけれど、
「こんな風になってくれたら嬉しい」
という僕が想像していた未来を答え合わせしているような。

それでいて、けっして思い通りにはなっていない
現在の意外性を楽しんでいるような。

会うたびに「どんな状況からでも可能性ってある」と思ってしまう。
楽しい。キャリアコンサルタントの醍醐味だと思う。

月に10人までしか就職支援をしていないけれど、
彼らも無事に社会人になってから一緒に飲みに行く日が楽しみだ。


             ◆


意外性を発見するたびに思う。


自分達は彼らの魅力を就職活動の時にどれだけ気づけていただろうか?

どれだけ引き出せていただろうか?

相手の「楽しい」とい思う瞬間をどれだけ発見できていただろうか?

などなど。理屈だけなら簡単だけど、
相手の本質を引き出すのはつくづく理屈じゃないね。


できれば、これからもっともっとそんな魅力に気づける
スーパーコンサルタントになりたい。


帰りに気がついた。「あ、二次会のお金払っていない…」
というわけで、次回の貸しにしておこうと思う。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。