FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム「○○力」は何を書いたら良いの?

こんにちは。
キャリアアドバイザーの山下智子と申します。

普段は、自己分析のアドバイスや、自己PR添削など、就職活動の相談にのる仕事をしています。
日々お会いする学生、既卒者の皆さんから、いろんな就職活動の悩みや不安をお聞きします。

みなさんは、自己PRで自分の強みをどのように表現されていますか?
分析力、行動力、対応力、問題解決力、傾聴力、コミュニケーション能力…
色んな表現がありますね。

この「○○力」をどのように書けば良いかわからなくて…
という相談を受けましたので、ご紹介します。

『このエピソード、「柔軟な対応力」と書く方がウケが良いのか、それとも「日々の努力を怠らない」と書く方が良いのか、どっちが良いと思います?』
『同じエピソードを友人や先生など3人の人に見てもらったんです。そしたら「これは臨機応変な対応力じゃない?」「これは思考力でしょ」「いや、分析力でしょう」と3人が3人とも別のことを言っていて。自己PRでどう表現すれば良いのかわからなくなってしまいました。』

なんて言われている方もいらっしゃいます。
特に今の時期は添削してもらうほどいろんなことを言われて混乱している人もいらっしゃるのではないでしょうか?「ハ●ー●●クに相談したらアドバイスが・・・!!」と困っていらっしゃる方も。

まず結論から。
これまで何度かお伝えしていますがどの表現をするのが良いのかに正解はありません!(笑)
身も蓋も無いようですが、企業も人事もそれぞれ違いますので、どの表現をすれば響くかは、わからないんですよね。だから、人によってアドバイスも変わってくるんです。

むしろ大事な事はアピールしたい事と具体例が噛み合ない事です。
内容を書き直しすぎるあまり、文章が繋がらない事の方が最近は目立ちます。
しっかりカウンセリングすると良い話しなのにもったいないですよね。

例えば、
『わたしの強みは○○力です。テニスサークルの夏合宿係として、参加者を増やし秋の大会に向けて結束を強くすることを目標にしていました。過去の参加率の悪さは「企画に魅力がない」ことに原因があると考え、アンケートを実施しました。それを元に初心者も経験者も楽しめる「景品付き大会」を企画し事前に告知したところ、参加者は昨年の2倍になり、合宿でコミュニケーションがとれたことから学内の秋の大会でもサークルで優勝できました。集団の結束の強さが、結果につながることを実感できました。身に付けた○○力を活かし、御社でも○○ができる人材として貢献していきたいです。』
みたいなエピソードがあるとします。

これを読まれたとき、どの表現をするのが適切だと思いますか?
「問題の原因を分析する力」もありそうだし、
「企画を告知する行動力」もありそうだし、
「アンケートに合わせて企画する企画力」もありそうだし、
そもそも全部を合わせて「問題解決力」なのかもしれないし…
「コミュニケーション力」もあるなぁ…
と、色々な表現を思いつくのではないでしょうか。

人事はこのエピソードの中から、学生のさまざまな力を感じ取っています。
取り組みを丁寧に書けば、PRしたい「○○力」を複数伝えることができます。

「○○力」の表現に悩むより、
伝わりやすいようにエピソードをまとめる方に時間を割きましょう!

皆さんが、自分の魅力を伝えられるエピソードを探せるように、
お手伝いをしていきたいなぁと日々思っています。

yamashita.jpg 山下智子(やました ともこ)

既卒就職講座の自己分析アドバイザー。自己分析支援サービス「軸ラボ」を社内起業。2014年に独立し、マンツーマンの自己分析指導や、大学でのキャリアカウンセリングを行うなど、「理想の仕事探し」の相談にのるようになる。いつも笑顔。質問がとても上手で、質問に答えているうちに自分について発見する事があり、出会う度に自分に発見がある素敵なお姉さんです。(小笠原) 
 既卒者向けおススメ求人サイトにすすむ>>

事務職を考えている人のための裏おすすめサイトへ進む>>

初めての方へ

エピソードを丁寧に振り返る、まとめるのは苦手…という方には
既卒ナビの「既卒就職講座」の「徹底自己分析」をご利用ください!
マンツーマンで約4時間、振り返りを行います。 山下
詳しくはこちら→http://goo.gl/FdFoII
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。