スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既卒就職活動のはじめ方01 2018年度版

初めまして。小笠原由晃と言います。
既卒者や新卒者の就職支援を10年以上しているキャリアカウンセラーです。現在も、関西を中心とした大学やハローワークなどで就職支援のガイダンスや就職相談を行っています。

私がこのブログを書き始めたのは2009年頃なのですが、気がつけば既卒者の就職環境も随分変わりました。以前書いた記事がふと気がつくと古くなってしまった気がします。そこで、改めて記事を見直し、既卒者向けの就職のポイントを書いていきます。これから、2018年度向けの既卒者向けの就職情報を書いていこうと思います。

まずは既卒者の就職活動の流れを整理しましょう。
できるだけ簡単になるように5つのステップに分解しました。

①自己分析などを行い自分の過去を整理する

②自己分析の結果を元にエピソードを整理する

③★履歴書やエントリーシートを作成する

④★求人を探し、エントリーする

⑤面接を受ける

基本的には新卒の就職活動と同じ5つです。
しかし、就職活動を進める上で重要になるのが、「アドバイザー探し」と「求人探しです」。

アドバイザー探しはあなたの就職活動を上手に進めるためのパートナーです。既卒の就職活動では、良いアドバイザーに出会えると就職活動が大きく加速します。経験者のアドバイスを受けられるだけでなく、客観的な自己分析ができるようになるからです。特に、既卒の就職活動では、「既卒になった理由」を高い確率で確認されます。その時に、過去の事例を元にアドバイスがもらえるのは心強い支えになります。中には、あなたにとって強烈なパートナーになってくれるアドバイザーもいます。既卒の就職活動の場合、情報交換する場所や仲間が新卒と比べたらやはり少ないと言わざるえません。
上手な就職活動を進める上で役立つのがアドバイザーは重要です。

もうひとつが、「求人探し」です。
求人に関しては、エリアと既卒後の経過年数によって使える媒体が変化します。リクナビのように情報がまとまっていればよいのですが、既卒者向けの求人サイトは情報量が少ないのが現状です。ハローワークや派遣サイトにも情報がバラバラになっていて上手に求人情報を探すことに苦戦される方もいます。中には、どうしても、自分にあった求人が見つからずにエントリーが減る人がいます。ここはコツがあるのでご紹介を今後します。

これから、一歩踏み出すあなたにとってこの記事が役立ちますように。
今後とも宜しくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ogasawara.png
★小笠原由晃(おがさわら よしあき) キャリアアドバイザー/コーディネーター

新卒者や既卒者向けの就職支援を実施。
北海道から九州まで全国で年間200回以上の就職ガイダンスを行っている。
数千人の未内定者の面談を元に、既卒者向け就職情報サイト「既卒ナビ」を作成。
自己分析から面接までトータルサポートを通して多くの方の就職活動を成功させている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おススメ就職サイトのご紹介
UTWO
まずは相談したいという方にお勧めしたいのが、丁寧なカウンセリングとサポートが特徴なのがUTWOです。これまでは第二新卒ナビを運営していましたが、既卒者向けサービスも開始。私たちも東京のみなさんとお会いしてきましたがみなさん魅力的でした。カウンセラーは全員が既卒もしくは第二新卒出身で同じ悩みを共有する事が出来るので、ちょっとしたことも相談してみやすいのもウリのひとつです。(ただし、東京のみになります。岡本さんありがとう〜!)

他にも求人情報を探したい方は
PC:既卒ナビのおススメ求人サイト
をご確認ください。
関連記事

Comment

  • 2016/03/02 (Wed) 02:22
    # -
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。